千葉県済生会習志野病院 看護部-認定看護師-

トップ>認定看護師

教育・研修
  • 新人教育
  • 継続教育
  • 先輩ナースの声
  • 認定看護師

認定看護師

感染管理認定看護師  岩船 久子
感染対策は一部の職員だけでできるものではなく、職員全員で実践する必要があります。 なかでも当院の現場の感染対策を支えているのが各部署のリンクナースです。リンクナースは感染対策実践のロールモデルとなり、また後輩の指導をしたり、時には先輩にもお願いをし、日常業務の中でスタッフの指導にもあたっています。
私の役割は、現場で問題が発生し、リンクナースが困ったときに、問題を解決できるよう情報を提供し一緒に考えることです。限られた人員や物品、コストの中で折り合いをつけながら、患者さんや病院職員を感染から守るための取り組みを他職種とともに行なっています。

緩和ケア認定看護師  水川 忍
皆さんは「緩和ケア」にどのようなイメージをお持ちでしょうか?「がんの治療ができなくなったら行う医療」「終末期になっ たら行う医療」・・・でしょうか。そんなことはありません。緩和ケアとは、がんと診断されたときからがん治療と同時に行わ れる医療であり、患者さんとご家族のこころとからだのつらさを和らげる医療のことです。患者さんが最期まで自分らしく 充実した時間を過ごすことができるよう、ご家族と一緒に考えていきたいと思っています。また、ご家族の不安やつらさを 感じ、ご家族にとっても充実した穏やかな時間が過ごせるようにお手伝いしたいと思っています。

乳がん看護認定看護師 清水葉子
乳がんは、日本人女性の罹患率第1位となっており、女性の20~30人に1人が経験するといわれています。
また、職場や家庭の中で重要な役割を担う時期の40~50歳が罹患のピークです。そのため、乳がんに対する社会的な関心 も高まってきています。
乳がん看護認定看護師は、現在19ある認定分野の一つで、全国に163名登録されており、千葉県内では私を含めて12名が 活動しています。具体的な活動内容としては、乳がんの多岐に渡る治療方法の選択のアドバイスやサポート、手術に伴う 乳房の変形に対する補整具の紹介、リンパ浮腫予防や悪化を防ぐための患者さん自身によるリンパマッサージの指導、 弾性着衣の紹介、日常生活指導などを行っています。
乳がんは長い経過をたどることの多い病気です。そのため、病気と上手に付き合っていくことが大切です。患者さんととも に乳がんについて考え、患者さん自身が納得しながら治療やケアを受けられるように少しでもお手伝いをしていきたいと 思います。

がん化学療法看護認定看護師  横井 久枝
がん化学療法看護というのは、抗がん剤治療を受ける患者さんが安心して治療を受けられるように支援していくのが役割 です。治療する必要性と日常生活で注意点や費用など、患者さんの普段の生活に視点をあて、その患者さんにあった説明を することを心がけています。当院では10床の外来化学療法室があり、多くの患者さんが通院で治療を行っております。 今後は外来で治療を行う患者さんがさらに増えると想定されます。患者さんに快適な環境を提供し、安全・安心・確実な 化学療法看護が実践できるようにチームで取り組んでいきたいと考えています。

皮膚・排泄ケア認定看護師  花澤 美星
平成23年4月から、当院で皮膚・排泄ケア認定看護師として勤務しています。「皮膚・排泄ケア」認定看護師の仕事は、 看護の基本となるスキンケアや失禁の分野において専門知識・技術をもって予防的・治療的スキンケアを患者さんに提供して いくことです。現在、褥瘡対策委員会、褥瘡対策チームの一員として褥瘡回診の実施、事例検討会、勉強会を通して褥瘡予防・ 治療についての話し合いを行っています。発生率の低下、治癒率上昇を目指し他職種との連携をはかりながら最善のチーム医 療が提供出来るように努めています。
また、6月からストーマ外来を開設しました。ストーマを造設された患者さんが社会生活に戻り生活を再構築できるように、 支援しています。患者さん・ご家族の方に喜んでいただけるよう身近な存在であり続けたいと思います。