■ 呼吸器外科のご案内

診療のご案内

 2013年4月より、呼吸器内科に遅れること1年、呼吸器外科を開設して外来・入院診療を開始いたしました。当初1人の診療でしたので検査、手術は千葉大学はじめ関係医療機関と協力して実施していました。2015年10月からは長門 芳先生、森本淳一先生が赴任され3人態勢で診療ができるようになりました。
 黒田先生は呼吸器内科をうまくまとめ、若い優秀なスタッフが集まり、良い雰囲気で診療にあたっておられます。県内の病院で呼吸器内科が充実し、しかも呼吸器外科がないのは当病院だけでしたので、当病院に勤務させていただくことになりました。

スタッフ紹介

木村 秀樹 (キムラ ヒデキ) 部長

【主な経歴】
千葉大学医学部 昭和48年卒業
【資 格】
日本外科学会 専門医、指導医
日本胸部外科学会 専門医、指導医
日本呼吸器外科学会 専門医、指導医
日本呼吸器内視鏡学会 専門医、指導医
臨床修練指導医
日本免疫治療学研究会 副理事長
【院外広報誌】
・「済生会だより ならしの No.27 2013.秋号」•呼吸器外科の開設にあたり

長門 芳 (ナガト カオル) 医師

【主な経歴】
富山医科薬科大学医学部医学科 平成13年卒
【資 格】
医学博士
日本呼吸器外科学会 専門医
日本外科学会 専門医
日本呼吸器内視鏡学会 専門医

森本 淳一 (モリモト ジュンイチ) 医師

【主な経歴】
広島大学医学部医学科 平成17年卒
【資 格】
日本外科学会 専門医

診療内容

 呼吸器外科手術は大きく分けて開胸手術と胸腔鏡下手術に分かれますが、最近ではほとんど侵襲の少ない胸腔鏡下切除が主で、肺がんや気胸などの嚢胞切除はこれでおこなわれております。大きな腫瘍で肋骨切除を伴うものとか胸壁合併切除をする場合には開胸手術をおこないます。その他、膿胸の手術では開胸術をおこない、転移性肺腫瘍、良性肺腫瘍などは胸腔鏡下手術がおこなわれています。

開胸手術 胸腔鏡下手術
①後側方開胸
②前方開胸

③胸腔鏡

第4、第6肋間前腋窩線、第6肋間後腋窩線に治療用のポートを おいておこないます。

イラストは神奈川県立がんセンター呼吸器グループホームページより引用

主な論文

●Kimura H, Yamaguchi Y (1997) A phase III randomized study of interleukin-2 lymphokine-activated killer cell immunotherapy combined with chemotherapy or radiotherapy after curative or noncurative resection of primary lung carcinoma. Cancer 80:42–49

●Kimura H, Yasufuku K, Ando S et al (2007) Indications for mediastinoscopy and comparison of lymph node dissections in candidates for lung cancer surgery. Lung Cancer 56:349–355

●Kimura H, Iizasa T, Ishikawa A et al (2008) Prospective phase II study of post-surgical adjuvant chemo-immunotherapy using autologous dendritic cells and activated killer cells from tissue culture of tumor-draining lymph nodes in primary lung cancer patients. Anticancer Res 28:1229–1238

●Kimura H, et al.(2014) Randomized controlled phase III trial of adjuvant chemo‑immunotherapy with activated killer T cells and dendritic cells in patients with resected primary lung cancer. Cancer Immunol Immunother Published Online2014 28 September

●Timothy T. Spear, Kaoru Nagato and Michael I. Nishimura. Strategies to genetically engineer T cells for cancer immunotherapy. Cancer Immunology, Immunotherapy. 2016 in press

●Kaoru Nagato, Timothy T. Spear and Michael I. Nishimura. Influence of Antigen Receptor Avidity, Affinity, and Specificity on Genetically Engineered T Cells. Part of the series Cancer Drug Discovery and Development 2015 p75-98

●長門 芳, 吉野 一郎. 【呼吸器外科の手術看護パーフェクトマニュアル】(第1章)基礎編 呼吸器外科手術の看護ポイント 呼吸器外科手術の特徴. オペナーシング 2015, p15-22.

●Nagato K, Motohashi S, Ishibashi F, Okita K, Yamasaki K, Moriya Y, Hoshino H, Yoshida S, Hanaoka H, Fujii S, Taniguchi M, Yoshino I, Nakayama Accumulation of activated invariant natural killer T cells in the tumor microenvironment after a-Galactosylceramide-pulsed antigen presenting cells. T. J Clin Immunol. 2012; 32(5):1071-81

●Morimoto J, Nakajima T, Suzuki H, Nagato K, Iwata T, Yoshino I, et al. Impact of free tumor clusters on prognosis after resection of pulmonary adenocarcinoma. JT C S. 2016. In press.

●Morimoto J, Nakajima T, Iizasa T, Ishikawa A, Kimura H et al. Successful resection of schwannoma from an intercostal nerve causing bloody pleural effusion: Report of a case. Surgery Today. 2011 Jul; 41(7):989-91

主な治療症例数

疾患
2013年
2014年
2015年
原発性肺がん 30 19 43
縦隔腫瘍 3 4 3
転移性肺腫瘍 7 4 12
良性肺腫瘍 4 5 8
気胸 16 16 15
膿胸 4 10 6
その他 0 6 9


外来診療担当表

 

呼吸器外科

木村 秀樹
(予約制)

森本 淳一
(午後のみ・予約制)
 
長門 芳
(予約制)