■ CLOSE UP -当院で行われる治療方法や知っていただきたい医療情報などをクローズアップします。-

下肢静脈瘤について - 血管外科より -

静脈には逆流防止のための弁がついており、血液は足から心臓に向かい一方通行で流れています。静脈の壁が弱いためこの弁が壊れると、血液が足に向かって逆流し、血液が足に鬱滞します。血液の圧力が常にかかっている静脈は長さと太さをまし静脈瘤になります。女性では妊娠を契機に悪化することが多く、また遺伝する傾向があります。

よくある症状

kashi_jyoumyakuryu

静脈瘤の治療

1. 弾力ストッキングをはいて、静脈瘤を圧迫する。

2. 硬化療法と高位結さつ術の併用

3. 静脈抜去術

下肢静脈瘤は軽いものは弾性ストッキングによる圧迫のみで症状は軽くなります。
症状がある程度進んだ場合は手術が必要になりますが、ごく一部を除いて高位結紮術と硬化療法の併用により改善することができます。
高位結さつ術は局所麻酔、日帰り手術で行う小さい手術です。
下肢静脈瘤でお悩みの方は一度ご相談ください。

血管外科について

yamamoto
血管外科 山本医師
血管とは、心臓を中心として体(体循環)や肺(肺循環)に血液を送るための管を指します。心臓からでていく血液を送る血管が動脈で、心臓に戻る血液を送る血管が静脈です。
血管外科はこの動脈と静脈の病気を外科的に見る科です。
当院では、動脈硬化のために血管が詰まってしまう閉塞性動脈硬化症や、炎症のために血管が詰まってしまうバージャー病などの病気、動脈にこぶができて破裂してしまうことがある動脈瘤などの動脈の病気と、手や足の深いところにある静脈が詰まってしまう深部静脈血栓症、下肢の静脈にこぶができて拡張蛇行する下肢静脈瘤などの静脈の病気を主として診ています。
動脈が詰まる病気でははじめに足が冷えるという症状からはじまり、やがて歩いているうちにふくらはぎがつる、痛むといった症状が出てきます。静脈が詰まる病気では急に足が紫色になって腫れ上がり、押すと痛みがあるといった症状が出ます。いずれも早い時期に治療することにより大事には至らなくて済みます。下肢静脈瘤については「下肢静脈瘤について」をご覧ください。