理念


私たちは患者さんと共に考え、安全で適切な医薬品の使用に努めます。

基本方針


  • 医療者間の連携を密にし、医薬品の適正使用を推進します。
  • 医療チームの一員として、薬剤師の力を発揮します。
  • 高い知識と技能の習得に努力します。
  • 適正な医薬品管理を行うことで、健全な病院経営に貢献します。
  • 地域薬剤師と連携し、質の良い地域医療環境の実現を目指します。
  • 薬学部学生の臨床教育の場として、人間性豊かな医療人の育成を行います。

薬剤部長から患者さんへ


 各病棟に病棟担当薬剤師を配置しておりますので、薬剤師が入院された患者さんの持参薬の確認を行い、食品や入院中に新たに処方された薬と飲み合わせの悪い薬が無いかどうか、アレルギー等の体質に合わない薬が無いかどうか等を常に確認し、また、入院中に患者さんに副作用の兆候が現れていないかどうかもチェックし、副作用の早期発見や防止に努めています。
不都合な点があれば医師に伝え、お薬が変更になることもあります。さらに、お薬の飲み方や効能効果、副作用などを十分説明し、安心してお薬を飲んでいただけるように努力しています。

当ホームページは、以下のように分けて構成しております
あなたに関係するところを “クリック” して、先へお進みください